医療法人社団 恵仁会では、開業希望の歯科医師・分院長・勤務医を募集しております。

01547-9-3300

地域と共に歩む医療を目指して

  • 治療内容
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病予防
  • 義歯について
  • 虫歯治療

恵仁会FACEBOOK

恵仁会各医院ブログ

治療内容

虫歯予防

むし歯とは

むし歯とは歯科での2大疾患は虫歯と歯周病です。どちらも口腔内に存在する最近です。

むし歯はミュータンス菌がプラークをつくり、酸をつくることにより発生します。

その酸が歯を溶かし歯に穴をあけてしまいます。

 

むし歯は放置しても、自然になおる事はありません。

 

歯をむし歯から守るために、細菌の温床を作らせないことが大切です。

定期的に受信し、むし歯にならないようしっかりと予防しましょう

 

 

虫歯の進行について

C0(エナメル質表面のむし歯)C0(エナメル質表面のむし歯)
初期の虫歯です。まだ歯に穴は開いていない状態です。この状態の時は、フッ素塗布やキシリトールによる念入りな歯磨きなどで歯を再石灰化させる事が可能で す。また、萌出中の大人の歯のかむ面(咬合面)の溝などには、歯ブラシの毛先も届きにくいので、予防処置として削らずに溝を埋めるシーラントが有効になり ます。

 
C1(象牙質に達しないむし歯)C1(象牙質に達しないむし歯)
歯の表面のエナメル質のみに穴が開いている状態です。一般的に痛みなどの自覚症状はありません。ただ、放置すると進行してしまいますので抑制をはかり経過観察するか、もしくは削って詰める治療を行います。削る部分は最小限ですみます。


C2(象牙質に達するむし歯)C2(象牙質に達するむし歯)
エナメル質より内側にある象牙質に達した虫歯です。まだ神経には達していない状態ですので、激しい痛みはありませんが冷たいものや甘いものがしみ始めます。金属または白い材質によって削って詰める治療を行います。


C3(歯髄に達するむし歯)C3(歯髄に達するむし歯)
虫歯が歯の中心にある神経(歯髄)に達し、神経が炎症を起こした状態です。神経が圧迫され激しい痛みに襲われます。麻酔をして歯を大きく、深く削り神経を除去します。



C4(歯根に達するむし歯)C4(歯根に達するむし歯)
虫歯が大きくなりすぎて、歯が崩壊した状態です。神経は死んでしまっていることが多く、虫歯菌が血管から侵入し心臓病、腎臓病を引き起こす場合もありま す。治療が可能な場合は治療しますが、かぶせ物がしっかりできないほど虫歯が大きい場合、抜歯しないといけなくなってしまいます。